新井由己の仕事帖

2007年07月26日 (木)

日本調理食品研究会 

日本調理食品研究会という学会で「おでんの現状と今後の商品開発」というセミナーがあり、僕も講演をさせていただきました。

1 各地のおでんの特徴
  おでん研究家 新井由己
2 おでん用のみそたれ
  (株)まるや八丁味噌代表取締役社長 浅井信太郎
3 パックおでんの開発状況
  フジミツ(株)取締役開発本部長 坂水正志
4 冷やしおでんの開発動向
  (株)鈴廣蒲鉾本店研究開発センター部長 万建栄
5 おでんと健康
  女子栄養大学短期大学部講師 竹内富美子

R0014204.JPG
まるや八丁味噌の浅井社長。カクキューと2軒のみが伝統的な八丁味噌を作っています。
「今日おいしいものなら、10年後でもおいしいはず。だから新製品にはあまり興味がない」
そんな伝統を守る決意に共感しました。

R0014201.JPG
これはアメリカのすしバーに「趣味」で販売しているという味噌ソース。

R0014202.JPG
この日は特別に、こんにゃくに付けて試食させてもらえました。愛知県で人気の味噌ソース(献立いろいろ味噌、つけてみそかけてみそ)よりも汁気が多く、あっさりした味付けでした。

R0014206.JPG
山口県長門市のおでん種メーカー・フジミツのチーズコロン&ツナマヨ。まんじゅう状のすり身の中にチーズやツナマヨが入った商品で、かなり人気になっているようです。

韓国の新村では「おでんバー」が40軒もあるそうです。僕が最初に行ったときは数軒だったのに、すごい勢いで増えてますね。やっぱり噂の「おでん合コン」を取材に行きたくなりました。

yasaioden.jpg
前に雑誌の仕事で作ったオリジナルの野菜おでんを、女子栄養大の竹内先生に見ていただきました。栄養バランスもとれていて、見た目もきれいで好評でしたが、やっぱりどこまでが「おでん」なのかで意見が分かれそうでした(笑。

↑Top: 投稿者 あらい/遊民 | 講演・イベント
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?






     Copyright 2006-2012 ARAI, Yoshimi All rights reserved.